NEWS

月刊誌『工場管理』の2020年12月号に掲載されました

産業の垣根を超えたトヨタ生産方式

日刊工業新聞社の月刊誌「工場管理」2020年12月号に「産業の垣根を超えたトヨタ生産方式 改善の着眼点10カ条」の特集が組まれました。

前半部分は(株)カイゼン・マイスター小森治社長による改善の着眼点の解説があります。

後半部分では実際に改善活動を通じて成果をあげている7社の事例が紹介されています。

その中の1社で、(株)カイゼン・マイスターさんと共に弊社が支援に関わらせていただいていることが掲載されました。

月刊誌『工場管理』2020年12月号の概要と目次

11ページから69ページにわたる特集の概要は次の通りです。

カイゼン・マイスター小森治社長による解説

11~27ページまでは(株)カイゼン・マイスター小森治社長による改善の極意と着眼点について解説がされています。

トヨタ生産方式とその思想は製造業だけでなく、卸売業、小売業、サービス業、建設業、病院、学校、行政機関業等あらゆる業種にも応用でき、高い効果を発揮します。

以下、冒頭の文章を引用いたします。

トヨタの改善哲学を取り入れたトヨタ生産方式(TPS)は、改善の代名詞として自動車業界を中心とした製造業で普及してきた。この徹底的なムダの排除に基づく哲学は今、農業などの形あるモノを工場ラインで製造しない業種、銀行やサービス業などの非製造業にも広く応用されている。

ムダを取り除き、効率の良い、人にやさしい作業方法を追求することは、すべての産業に通じる思想である。どのようなところにムダが潜み、それをどう発見し改善したらよいのか。

特集では、TPSの思想と手法に基づいて、改善の目の付けどころを「改善の着眼点」として整理。その着眼点を体現し、成果を上げた企業事例を紹介する。製造業にかかわらず、さまざまな産業で改善に取り組む際の共通指標にしてほしい。

28~69ページまでは7つの会社の改善事例

28~69ページまでは実際に改善に取り組み、確実な成果を上げている7社の事例が紹介されています。

芙蓉化成(株)さんの改善活動の事例で、カイゼン・マイスターさんと共に弊社が支援に関わらせていただいていることが掲載されています。

掲載していただき誠にありがとうございます。

芙蓉化成さんのタイトルは「改善活動を通じて自ら変化し、成長し続ける会社を目指す」です。

実際に改善活動を目の当たりにしていますが、毎回訪問する度に改善が進んでいる素晴らしい会社です。

それは品質・コスト・納期の面でも大きく貢献しています。

改善活動は多くの会社で「やらされ感」があり、形骸化しがちです。

そういった中で、芙蓉化成さんの取組は傑出していると言えるでしょう。

自主的な改善が進む要因として、人の失敗を責めたり否定したりしない風土が構築されていることを強調したいと思います。

改善のテクニック以前に、こういった風土をつくることも重要なポイントだと言えるでしょう。

お客様の声

本:人を大切にするいい会社見つけました