NEWS
  • HOME
  • ニュース
  • 2020年12月18日、女性活躍推進セミナーが開催されました(青森県男女共同参画課主催)

2020年12月18日、女性活躍推進セミナーが開催されました(青森県男女共同参画課主催)

Zoomを使って女性活躍推進セミナー

令和2年(2020年)12月18日に青森県主催による女性活躍推進セミナーが開催されました。
(当初は10月28日開催予定でしたが新型コロナウイルスの感染拡大により12月18日に延期されました。)

弊社代表取締役富田哲弥が講演の講師を拝命しました。

参加されたみなさま、誠にありがとうございました。

新型コロナウイルスへの対策に配慮し、Zoomによるライブで実施しました(青森と静岡をオンラインで繋いで実施)。

無事開催することができたのは、関係者のみなさまのご尽力のおかげです。

心よりお礼申し上げます。

前半は女性活躍実践モデル企業による事例発表

前半は、青森県の女性活躍実践モデル企業による事例発表がありました。

 (1) 株式会社阿部重組(青森市)
 (2) 幼保連携型認定こども園 社会福祉法人一心会 城下保育園(八戸市)
 (3) 社会福祉法人青森民友厚生振興団 特別養護老人ホーム青山荘(五所川原市)

これらのモデル企業はそれぞれが素晴らしい女性活躍の取組を実践されています。

共通する重要なポイントが2点あります(講演でお話しした内容と重複します)。

1点目・・・プロジェクトチームを結成し、女性が活躍するためのアイディアを当事者たる女性が中心になって出していった

1点目は、プロジェクトチームを結成し、女性が活躍するためのアイディアを当事者たる女性が中心になって出していった点にあります。

つまり、トップダウン型ではなく、ボトムアップ型のアイディア出しを実施したことです。

一般事業主行動計画の数値目標もプロジェクトチームが中心になって自分たちで決めていきました。

一般事業主行動計画等もトップからの一方的なものになりがちです。

しかし、それは女性にとってモチベーションアップに繋がらず、「やらされ感」を生み出してしまいます。

我が事にならない計画は、すぐに形骸化してしまうのです。

それを防ぐためには、活躍の当事者たる女性が自分事で将来どうあるべきか目標を考え、どうすれば達成できるか現状の問題点の改善案を考えることが重要です。

それはモチベーションアップになります。

一般事業主行動計画等も我が事になれば、目標達成に近づきます。

仲間に対する貢献意欲も強くなり、コミュニケーションもより図ることで、風通しのいい組織風土をつくることにも繋がります。

2点目・・・プロジェクトチームに任せることができたトップのマネジメント及び意識改革

2点目は、プロジェクトチームに任せることができたトップのマネジメント及び意識改革です。

強烈なトップダウン型で物事が決まっていくマネジメントでは女性の活躍はなかなか進みません。

トップが自分の思い通りに進めようとする気持ちが強すぎると、自分の想いだけを押しつけてしまいがちで部下のアイディアを聴くことができなくなってしまうのです。

つい、部下のアイディアを否定してしまうのです。

すると、部下は「どうせ否定されてしまうから」と思い、前向きな意見があったとしても言えなくなってしまうのです。

このような状態では、個々の能力・魅力を最大限に発揮することはできません。

風通しの悪い組織風土では女性活躍の推進は困難です。

女性が活躍できる職場をつくるには、日頃の小さな気付きを生かしていくことがとても大切です。

そうしたアイディアを認めるマネジメントや組織風土づくりがトップに求められるのです。

これらのポイントは簡単なように見えて、とても難易度が高いものです。

実践されているモデル企業はとても素晴らしいと思います。

後半は講演

後半は、弊社代表取締役富田哲弥が下記のタイトルで講演を行いました。

 『女性が活躍する会社は業績・生産性が高い・・・そのカギは些細な気付きを大切にできるかどうかです
 ~世の中が混沌としている今こそ女性が活躍する会社づくりを~』

「女性活躍」という言葉が使われる前から女性も男性も活躍し、高い生産性と業績をあげている会社の事例を中心にお話しました。

多くの方にご参加いただき、誠にありがとうございました。

質問もいただき、重ねてお礼申し上げます。

最後に・・・このような状況だからこそ女性活躍を推進するべき

「新型コロナで女性活躍どころではない」という話しもうかがいますが、そういう会社は実際に推進の取組を行っていないケースがほとんどです。

モデル企業は、新型コロナウイルスの感染拡大がある中だからこそ、女性活躍の実践がますます重要だと実感されていました。

ある企業の経営者は「女性活躍推進で自分たちで考えることが習慣になったことで、新型コロナウイルスにも積極的に対応できている。女性活躍推進に取り組んでいて良かった」という感想を述べてくださいました。

新型コロナだからこそ、女性の活躍を推進させるべきだと思います。

少しでも多くの会社で女性の活躍が推進されることを願っております。

お客様の声

本:人を大切にするいい会社見つけました