いい会社づくりへ
主な支援プラン

いい会社づくりのための4つの柱
人づくり、社風づくり、ファンづくり、働き方改革(ワーク・ライフ・バランス)

我が国企業の経常利益率の平均は、小規模企業1.19%、中堅企業2.42%、大手企業4.51%です(中小企業白書より)。
弊社は、人(社員さんとその家族、協力会社、お客様、地域の人、株主)を大切にする経営を推進し、
それらの3倍以上の利益率と付加価値生産性の向上の実現を支援いたします。
弊社の支援の特徴は徹底的に社員さんに寄り添い「人づくり」「社風づくり」「ファンづくり」をし、
「働き方改革やワーク・ライフ・バランス」を実現していくことです。
それらはいい会社をつくるための本質であり、業種を問わずに実践できることも特徴です。

人づくり

「当事者意識」を持った「人財」は通常の3倍の生産性を誇ります。人づくりで社員さんの本質的なモチベーションを高めていきましょう。

人づくり 人財育成・モチベーションアップ

社風づくり

1人と1人の力が3人分にも6人分にもなる企業風土・組織風土・社風のカイゼン。社員さんのモチベーション、生産性、企業の業績に多大な影響を与える社風をより良くしていきましょう。

企業風土・組織風土・社風のカイゼン

ファンづくり

真の経営努力は価格競争から脱することです。そのためには、関わる誰もが貴社のファンになるような経営戦略・マーケティング戦略を構築し、実践することが求められます。

ファンづくりのための戦略へ

ワーク・ライフ・バランス、時短、働き方改革

社員さんの幸せと生産性向上を実現しましょう。大切なのは制度そのものではなく、制度が機能する組織風土をつくることです。休みをとっても生産性が下がらず、むしろ上がる会社づくりをしていきましょう。

ワーク・ライフ・バランス 働き方改革