NEWS
  • HOME
  • ニュース
  • 2012 静岡県ワーク・ライフ・バランスシンポジウム

2012 静岡県ワーク・ライフ・バランスシンポジウム

かけ算のワーク・ライフ・バランスで企業に力を。人生に幸せを。

社員が幸せになればきっと企業も幸せになれる

かけ算のワーク・ライフ・バランスとは何でしょうか?
坂本光司先生の「日本でいちばん大切にしたい会社」に紹介されている企業には、「従業員とその家族の幸せを実現するために懸命な努力がなされ、かつ高い業績をあげている」という共通点があります。
会社が従業員を大切にし、従業員が働く喜びを感じ、当事者意識を持つことで本当の力を発揮し、その結果「お客さまが追いかけてくるような企業」になります。
「かけ算のワーク・ライフ・バランス」とは、そうした「従業員と会社」或いは従業員の「仕事と家庭」のそれぞれが充実し、相乗効果以上の効果をもたらすための取り組みのことです。
単に休日や労働時間、給与などのプラスマイナスだけで実現できるものではありません。
言うなれば、本当のワーク・ライフ・バランスは、会社からの取り組みと、従業員からの取り組みの両方があって成り立つものです。 会社側は従業員とその家族の幸せを実現するように努力し、従業員側は「やりがい」や「当事者意識」を持って働く喜びを得る努力が求められます。
そして、マズローの第6の欲求と言われている「利他の欲求」も不可欠です。また、弱者に対して手を差し伸べることも真のワーク・ライフ・バランスには不可欠です。
本シンポジウムを通じて「かけ算のワーク・ライフ・バランス」を知っていただければと思います(画像をクリックすると拡大します)。
どなたでもお気軽にご参加下さい。お手数をおかけしますが、お申し込みは静岡県労働政策課あてまでお願いします。
FAX:054-271-1979
※終了しました。みなさま、ありがとうございました。

静岡県主催
開催:2012年10月12日

お客様の声

本:人を大切にするいい会社見つけました